そろそろ車の買取を依頼しようと

たくさんの自動車がありますが、セレナは日産で買える車種 そろそろ車の買取を依頼しようと思って、WEBの簡単査定を利用しました。


車は何といってもアウディで、5年ほど乗っただけの車だったので、査定額はそこそこ高額になるだろうと思って楽しみにしていたら、予想に反して安い額を付けられたので驚きでした。
査定してくれた業者の人に実際に来てもらって事情を聞いてみると、「今時は軽自動車の方が外車より買取額が高い」と言われ、愕然としました。

事故を起こしてしまい車を直した場合は、事故車とは違い修復暦車といいます。修復暦車では車買取査定業者の査定において、査定額が相当落ちてしまうひとつの原因となります。



ただし、軽度の事故で修理した場合、修復暦車とみなされない場合もあり、高額査定となる車もあります。
新車などに買い替える場合に、今まで乗ってきた車を元のディーラーで下取りに出すケースがたくさんあると思います。でも、大半のケースでは、下取りでは納得できるような価格の査定をしてもらえることはないものです。でも、中古車の買取り専門店に売却してみると、車を下取りに出した場合よりも、高い価格で買取してもらえる可能性が高いでしょう。


愛車の下取り、査定価格では走行した距離よってだいぶ異なります。

例えば10万km超えの車だと下取り価格に期待はできないです。
一方、3年で3万km以内、5年で5万km以内だったり、年間、1万km以内の前後の普通自動車だと下取りの査定額があがりやすいです。

総距離が少なければ車の状態が良いとの判断となるわけなのです。自分の車を少しでも、高く買い取ってもらうには、いくつかの買取業者に車の査定を頼むことです。

面倒くさいと言って、一か所の業者にのみ査定をやってもらい、買取されると、自分の車の買取価格が適当だったのかどうなのかということがさっぱりわかりません。

少しだけ時間と手間をかけることで、買取の価格に大きな差が生じることもあります。
かんたん車査定ガイドを頼む際に、ディーラーに下取りしてもらうのと買取業者に売却するのは、どちらが得するでしょうか。


今どきは、一括査定などを利用して、査定買取業者に売却する人が増えています。しかし、常に買取業者の方がいい選択だとは限りません。例えば、決算期やお正月の下取りキャンペーンを行っている時期にはディーラーを選んだ方が得であることもあります。

車の買い換えをする時に、人それぞれやり方はあると思いますが私自身は、少しでも得をしたい気持ちもあって、下取りに出さず、専門の買い取り業者を利用して査定を受け、買い取ってもらうことに決めています。

PCやスマホを使って、インターネット上の一括査定サイトに行きます。
そこで、そこにある入力フォームに車種や電話番号など必要事項を記入して登録をすると、買い取り業者の方から、電話でコンタクトをとってきます。


少なくとも四つか五つ程の会社から、反応を得られることが多いです。

その時に、自分の車がいくらで売れるかを聞きます。


そこから、納得のいきそうな業者を三つくらいまでに絞り込み、他はもう、電話でキャンセルしてしまいます。



愛車のekワゴンを7年ぶりに手放すことにして、新たに車を買うディーラーでの下取りも考えましたが、とても納得できる金額での下取りは望めないようでした。

少しばかり手間ではありましたが、中古車買取業者を利用し、ずっと高い金額で買い取ってもらうことができました。

今回は一括査定をお願いしたので、相場も大体分かって有意義でしたし、買取の手続きもそれほど面倒ではありませんでした。



下取りだとこんなに良い額にはならなかったと思うと、買取にしてよかったと心から思っています。