Latest Posts

ごく一般的に事故車というのは、交通事故など

どんな場合でもそうですが、契約書に書かれている内容を

ごく一般的に事故車というのは、交通事故などで傷がついた車の事を言いますが、これは中古車の査定で使われる定義とは違うのです。カーセンサー査定、査定の意味で言うと、交通事故などによって自動車の骨格部分を修理で交換しているか、修復したものの事を事故車と言う風に呼びます。 (さらに…)

車を査定する際には車の所有者が必ず立

車の査定を受ける時、その車を洗っておくかどうか、というと

車を査定する際には車の所有者が必ず立ち会う必要があるなどとするルールこそないものの、やはり当事者がいないがために起きるかもしれない問題を防止すべく、できるだけ査定時は本人不在の状況を作らないようにしましょう。



悪質と決めてかかるのはいけませんが、ひどいのに当たると、誰も見ていないから証拠は残らないだろうと、わざと車体に傷を作るといった違法な手法で安く買い叩く業者もいるそうです。 (さらに…)